未来を作るIoT

東京オリンピックでの実用化を目指し、自動運転の車の開発が進んでいます。

これからは自動車や家電、産業機械などあらゆる分野の製品や商品が、インターネットを利用して情報を共有することができるようになると言われています。
それに伴い、これからはIoTエンジニアの活躍も増えてくるのではないかと考えられます。

IoTによって便利になるのはどのような点でしょうか。

まず人の手間が省かれることが挙げられます。遠隔でも操作ができることで、自宅に帰ることができないときでも対応が可能になります。
具体的には帰宅前に家のエアコンを入れておくことができれば、帰宅したときには夏は涼しく、冬は暖かい家に帰ることができます。
またお風呂の準備もできています。数十年前までは夢のような話でしたが、今では現実にできるようになっています。

一番進化が著しいのは自動車かもしれません。自動ブレーキや、車線をはみ出したときに自動で修正するなど、いろいろな機能が多くの車種に搭載されるようになりました。前述の自動運転も試験的ですが、実際に行われています。

では反対に、不便な面はどのようなことでしょうか。まず設定されている内容以外の動作ができないことです。
人には思いつきなどでいつもと違う動作をすることがありますが、IoTで管理されているものにはそのような応用は難しいでしょう。

今後人工知能を進化させることで対応できるようになるかもしれませんが、それには超えなくてはいけない問題がいくつもあります。
どれぐらい先になるかは予測できない状態です。

しかしながら、決められた設備の中では、すでに自動運転の産業機械も活躍していますので、事例が増やし、対応ができるようになることが期待されています。
以上の観点から、IoTエンジニアの需要は更に拡大していくように思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です