IoTエンジニアが注目すべき言語

IoTの肝は、ネットワークにあります。身の周りの様々な物をネットワークに接続して、遠隔操作を可能にするというのが基本的な考え方になります。

したがって、この世界のエンジニアにはネットワーク関連の知識が求められます。大学や専門学校でネットワークの基礎を学んできた人は、重宝されることでしょう。
ネットワークスペシャリスト試験に合格している人なら、かなりの高待遇で大企業へ転職できるかもしれません。

また、プログラミング言語もネットワーク関係に強いものが使えると、求人を探すのも楽になることでしょう。

具体的にネットワークに強いプログラミング言語と言えば、Javaを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。Javaは言語の設計自体がネットワークを意識しているので、それ単体でも相当高度な処理ができます。しかもJavaは非常に汎用的なプログラミング言語であり、今後ハードウェアがどのように進化をしたとしても活用できる可能性が高いのも魅力です。将来性という点では、数あるプログラミング言語の中でもトップクラスです。また、昔から人気が高い言語なので、参考にできる文献等も多いです。つまり、初心者でも独学で何とかなる可能性が高いのです。

Javaを扱えるようになっておくだけで、今後のIoT全盛期も生き抜くことができるはずです。これから何か勉強するなら選んでみてもいいでしょう。
人工知能や機械学習に強みを発揮するPythonが使える人材も、IoT業界では需要が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です